Menu

オリジナルグッズを安く上げるためのコツ

お店では売っていないデザインのグッズを自分で考えて趣味で楽しんだり、自分をアピールするためのアイテムとして大活躍するオリジナルグッズを安く上げるためのコツをご紹介します。「自分でデザインして制作する場合のポイント」と「業者に制作を依頼する場合のポイント」の2つのテーマに分けて説明していきます。どちらにも少なからずメリット・デメリットがありますが、自分のオリジナルグッズを作る楽しみや喜びはとても大きいので、一度作ってみたい方や興味がある方、デザインしたり作ったりするのが好きな方、サークルや仲良しの友人とお揃いの物を共有したいなど、用途はたくさんあります。夏休みの自由研究のネタを探しているという方にもおすすめですので是非この機会にチャレンジしてみて下さい。

自分でデザインしてオリジナルグッズを制作する場合のポイント

自分でデザインして制作する場合は、作る物の種類からデザインまで完全に個人の自由なため、使用する素材や材料などもこだわって制作することができます。全て自分で決めることができるので、オリジナル度が増す上に材料を安く仕入れることができれば制作費用も比較的安く済ませることができます。個数も1個~好きな個数を作ることができるので、それなりの制作時間を必要としますが自分で一生懸命作っただけあってとても愛着の湧く一品となります。DIYブームということもあって、100円ショップやホームセンターなども制作グッズがたくさん販売されているので簡単に材料を揃えることができます。自分で比較的簡単に制作できるグッズの例として挙げられるのが、缶バッジ・Tシャツ・トートバッグ・マグカップ・お皿などの食器類・キーホルダー・ストラップ・ステッカー・シールなどです。

業者に依頼してオリジナルグッズを制作する場合のポイント

業者に依頼しても少ない数から依頼できるところもありますので、手作りよりクオリティの高い物をお求めの方や作るのが苦手な方、忙しくて作っている時間が無いという方にはとてもぴったりです。そして業者に依頼する場合の強みは何と言っても一度に沢山の量を頼むことができるという点です。何百個という数を自分で作るのはとても大変なので、グッズを大量生産したいという時や、自作するのでは具体的なアイデアが浮かばないといった場合も業者側ですでに決められた型やワンポイントを付ける位置などを指定するだけなど比較的手間がかからずにできるので便利です。最近ではハンドメイド専門のネットショップなどで、名前やイラストを指定して注文ができるセミオーダーに特化したお店も増えてきました。業者に依頼して制作できるグッズの例として挙げられるのが、写真やイラストをプリントしたグッズ、Tシャツ・パーカー・キーホルダー・ストラップ・食器類などです。