Menu

オリジナルグッズの単価を調べる

オリジナルグッズを展示会の時に顧客に配布する、お店で商品を購入してくれたお客さんに配布する事で売り上げを増やす効果、企業やお店の宣伝効果やアピール効果を期待する事が出来るようになります。これはノベルティと呼ぶ販促品でもあり、自社だけでのオリジナルアイテムを製作する事で他社との差別化を図る事が出来る、他社よりも売り上げを伸ばせる、知名度を高める事が出来るなどのメリットに繋がって来ます。ノベルティは広告宣伝費を使って貰った人が便利に使って貰えるアイテムを選ぶ事が大切です。最近は通販サイトなどでノベルティを取り扱っているお店が多くありますが、お店はそれぞれ独自の価格で商品を販売しているので、ノベルティアイテムの単価を調べておく事が大切です。

単価を調べる事でグッズの購入数量を把握出来ます

魅力あるノベルティグッズは多くの顧客に配布すれば販売促進などの効果に繋がりますが、ノベルティグッズを製作する場合には予算内で収まるものを考える、購入出来る数を把握するためにも、予算がどのくらいあるのかを知っておく必要があります。オリジナルグッズを販売している通販サイトは発注数量が多くなるほど1個当たりの単価は下がるのが特徴です。例えば、100個の時には1個当たりの値段が80円でも、1,000個の場合は72円になるなど発注する量が多くなるほど単価は下がる、宣伝費で購入が出来る金額を把握しやすくしてくれます。1個の単価が100円で、予算が10万円ならば1,000個のグッズを購入する事が出来る計算になるわけですが、単価が安いお店を利用すれば予算が10万円でも1,000個以上のグッズを購入する事が出来るわけです。

同じようなグッズをそれぞれのお店で見つけて価格の比較

オリジナルグッズにはボールペンやクリアファイル、カレンダーなど色々なアイテムがあります。ノベルティは実用的なグッズを選ぶ事、グッズには企業の社名やロゴなどを印刷する事で、より多くの人々への宣伝を可能にしてくれます。1個当たりの単価はお店により様々で、ボールペンの単価についても70円で購入出来るお店もありますし、62円などの値段で販売しているお店もあります。1個当たり8円の差ではありますが、大量にオリジナルグッズを購入したい場合には単価が安い方がより多くのグッズを仕入れる事が出来る、多くのグッズを仕入れる事が出来れば配布する量も多くなるので販売促進効果を高めやすくしてくれます。尚、単価は発注数量が多くなるほど下がるため、値引き率などについても比較しておくのがお勧めです。